どうやって決めたらいいの!?ドメインを決めるポイント

短くわかりやすいことを重視して決めよう

ホームページを立ち上げるためだったり、フリーランスとしてメールアドレスを作るためといった理由でドメインを取得する場合、どういった点に気をつけて文字列を決めればいいのでしょうか。
一番大事なのはわかりやすさです。たとえば、アルファベットや数字を無作為に選んで並べた文字列をドメインにした場合、意味が通らないので非常に入力しにくくなってしまいます。できるだけ短く、また人や会社の名前、あるいは単語のように、意味がわかるものにした方がいいでしょう。
たとえば、フリーランスとして活動するためにドメインを取るという場合は、自分の名前や名字をドメインに含ませるとわかりやすいものになります。会社のドメインであれば、社名をそのままドメインにするのが理想です。

使いたい文字列が既に取得されている場合は

ただ、名前をドメインにしたくてもできない場合がよくあります。なぜかというと、既に存在しているドメインと同じものを作ることはできないからです。そのため、よくある人の名前、あるいは会社名をドメインにしようとしても、既に同じ名前のドメインを利用している人がいるため、申請を受けつけることはできないということになってしまうのです。
こういう場合、いくつか回避方法があります。たとえば、ドメインには地域型、属性型など様々な種類があることを利用し、属性型のドメインだと空いていない文字列であっても、地域別のドメインなら空いているので取得するといった方法があります。また、名前をどこかで区切ってハイフンを入れた文字列で申請するというのもよく使われる方法です。

レンタルサーバとはサーバー(情報保管庫)をレンタル出来るサービスです。これにより誰でも簡単・手軽にweb上に情報を公開する事が可能になっています。